FC2ブログ
本日40歳になりました。今さら特に感慨もないですが、とりあえず記念カキコ。

じゃなくって、マイルCSの登録馬について。実はクソ忙しいんですが、試験前夜に掃除するタイプだったので気晴らしを兼ねてつらつらと。

さて、霜月SやトパーズSと兼登録している馬が12頭もいますよね。何を考えてそんなことをしているのかというと、マイルCSで除外(非抽選)になって優先出走権を獲得するということ(たぶん)。

同週(同節)の競馬では通常は不可能な行為なんですが、GⅠ(JpnⅠ)の投票締め切りは14時、他は15時なので可能なんですね。というか、それを知ったのはスプリンターズSの時なんですが。

週初めの「出走順位」通りならポートアイランドSで非抽選になったはずのマイネルレーニア、マイネルハーティーが、本来なら出走できたスプリングソングを押しのけて出走できていたので「アレ?」と思ったんですよね。いろいろ調査したところ、そういうことだそうです。

論理的におかしいと思うんですが、霜月SやトパーズSの出走順位(週初めに発表されたもの)が変わる可能性があります。出馬を見て「アレ?」と思うかもしれない一部マニアのために書いておきます。
スポンサーサイト



2008.11.17(15:37)|未分類コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
とりあえず、桃薫さん、おめでとうございますw

この話は4月ぐらいには出ていて、新聞屋は準備を始めていました。ところが6月になっても正式な話が出てこないので「ガセ」説まで流れたんですが、先週あたりに正式連絡。ただし、6月30日に発表するのでそれまでは公にすんな、ということでした。

とりあえずJRAサマーステージの間だけ、という発表になっていますが、秋になったら元に戻すってことはないでしょう。最初に聞いた話では「夏の新潟で試験発売」みたいな感じでしたから。

さて、私はといえば、根本的に2着や3着には興味がないなんて書いていますけど、実は3連単買います。ただし2点(^^; 当たるのは月に1回ぐらい(^^;

そのような「当てに行くのではなく当たってくるのを待つ」という付き合い方(裏ドラ狙い)なので、発売レースが増えるのは歓迎。というか、「こういうレースこそ3連単だろう」という少頭数レースを(レース入替で)8R以前に持っていってしまうことが多くて困っていたのだが、そういうレースで3連単を売ってくれれば当たる確率は上がると思う。新馬で3連単かー、燃えるなあ~。特にフジサワ厩舎やスミイ厩舎が人気になっている新馬。
2008.06.30(17:23)|未分類コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
1つ下の関連項目です。夏になって「1000万ダート短距離」に出てくれば狙えるのかな? という面々。2勝目の後に走っていない(芝や1600m凡走で迷彩を施されていない)馬は除く。

ダイワシークレット【A】距離短縮+ダート変わりで出てきたら全力で買いではないかと。
トーホウドルチェ【A】夏に52キロで出てくれば買える。
アポロラムセス【B】まあ、普通に狙える。
マヤノベンケイ【B】芝でもソコソコ走っちゃってるのが難点か。
メイショウヤワラ【B】この成績では人気必至。そもそも短距離限定ではなさそうだし。
ラインプレアー【B】このパターンのクロフネ産駒は意外にハマらない。
リバータウン【B】ディアブロ産駒なので少頭数or外枠条件かも。
ウォーターリング【C】2勝目が展開に恵まれすぎ。
クレムリンエッグ【C】2勝目の相手が弱かったかも。
タカラストーン【C】Grindstone産駒なので単なる早熟の可能性あり。
ヤサシイキモチ【C】2勝目が牝馬限定なので。
2008.06.12(11:23)|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
夏競馬(クラス再編成)が近づいてきたので、昨年の記事を上げておきます。昨年と同じ現象が起こるはずなので。


気が早いけど夏競馬 (2007.06.06)
http://10101010.blog12.fc2.com/blog-entry-51.html

自画自賛 (2007.08.29)
http://10101010.blog12.fc2.com/blog-entry-54.html


夏の初期2開催(2回福島・3回阪神・1回函館・2回新潟・2回小倉・2回函館)の500万・1000万において、昨年は3歳馬の勝率・連対率が4歳馬のそれを上回った。これは過去6年で初めてのことだった。

別に昨年の3歳世代が「強かった」わけではなく、以前より(春の)古馬1000万・1600万のレベルが低いというだけ。にも関わらず斤量差は以前と同じなので、特に短距離では3歳馬が狙える(短距離だから若い馬が通用するのではなく、斤量差の影響が大きいのが短距離だということ)。

その中でもダート短距離の1000万は、とにかく3歳馬を狙いたい。ダート1200mの3歳オープンなんて組まれていないので、ここに適性がある3歳馬は2勝した後に(春の間は)使うレースがない。本来ならオープンまで行っているレベルの馬が番組の都合で「まだ」1000万にいる、という場合がある。
2008.06.12(01:21)|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
エイシンドーバー(9番人気3着)に目をつけながら、ウオッカ(2番人気1着)をぶった切ってチンチンにされました。

「後方から上がり33秒台でも届かない(勝てない)」というレースを繰り返されたものだから、「そういう馬」だと思ってしまった(思わされてしまった)。それが先行策から上がり34秒0で圧勝。四位に言わせれば「下げて折り合いをつける競馬を繰り返してきたからこそ」とかいうことになりそうだが、何なんでしょうか。

あとは、オークス(トールポピー)に続いての角居厩舎の立て直し能力に感嘆。トールポピーは角居厩舎というより山元トレセンのようだが。

さて、4歳で(牡馬58キロ、牝馬56キロの)安田記念を勝つと、次に宝塚記念に出れば勝てるし、秋にはマイルCSを勝てることになっています。一度突き放した馬に飛びつくのもみっともないし、困った困った。
2008.06.09(00:44)|未分類コメント(3)トラックバック(0)TOP↑
Search
Archives
Comments
Trackbacks
Recent Entries
RSS